ABCリブラ

ABCリブラは、朝日放送の番組制作を手がける在阪の制作プロダクションです。

制作番組紹介

採用情報

先輩社員に聞きました! No.1

由木 南

由木 南

2016年4月入社

Q1.ABCリブラに入社して感じたことを教えてください。
みんな自由に働いています。
ロケ準備のために会社でご飯を炊いたり、新作のアイスを思いつく限り買ってきたり、深夜に出社してきたり…アットホームで自由な社風の会社です。
Q2.ABCリブラに入社して感動したことは? 嬉しかったことは?
M-1グランプリ2016の優勝コンビ決定の瞬間を生で見られたことです。私が関わったのはM-1のほんの一部ですが、それでも何度も芸人の皆さんの“芸人魂”を感じていただけに、王者決定の瞬間は涙がにじむほど感動しました。
あとは、佐々木蔵之介さんとお仕事をさせてもらえた時は本当に嬉しかったです。生で見る佐々木蔵之介さんは、やっぱり相当格好よかったです。
次の目標は、山田孝之さんとお仕事をすることです。
Q3.なぜ制作プロダクションを志望したんですか?
実を言うと、「格好いいし、なんか楽しそうだったから」です!
ディレクターになりたいと思ったのは就職活動を始めてからでしたが、何かを目指すのに遅いということないと思います!大切なのは、やる気と根性です!
Q4.制作現場で実際にやってみて、イメージと違ったことは?
本当にやることが多いです!
たった15分のVTRを放送するのに、何十人もの人が関わり、多くの時間を費やしています。365日、24時間放送しているテレビを相手に仕事をしているのだからそりゃ忙しいよなあとよく思います。
Q5.学生時代に力を入れていたことは何ですか。
軽音サークルでのバンド活動です。バンドメンバーと長い時間をかけて練習してきた成果を、ライブを通して誰かに見てもらえるというのが楽しかったです。そういうところはテレビの仕事と少し似ていると感じます。
Q6.TV制作をやってみたい学生にメッセージをお願いします。
日々のしんどさが、一瞬で楽しかったに変わる仕事です。
自分の案が採用された時、それが放送された時、だれかに「見たよ!」と言ってもらえた時…それまでどれだけしんどくても、もっと頑張ろうと思えます。
どんな人でもやる気さえあれば絶対にADにはなれるので、上を目指して一緒に頑張りましょう。
生放送中カンペを出している由木
鱒寿司の「箸上げ」をしている由木
美味しそうに見せるのは簡単ではありません

ABCリブラ

制作部門
ライブラリー部門
ABCリブラについて
採用情報
制作番組紹介