ABCリブラ

ABCリブラは、朝日放送の番組制作を手がける在阪の制作プロダクションです。

制作番組紹介

採用情報

先輩社員に聞きました! No.3

米澤のぞ美

米澤のぞ美

2018年4月入社

Q1.ABCリブラに入社して感じたことを教えて下さい。
皆さん個性が強いので、見ていて飽きないし勉強になります。
また、オフィスに人がいなくて静かだったのが、意外でした。編集室で編集していたり、そもそもロケや打ち合わせで会社にいなかったりでデスクは静かです。
Q2.ABCリブラに入社して感動したことは?嬉しかったことは?
ADが自分しかいないロケに初めて行ったとき、タレントさんやメイクさんをはじめ、そのときのロケチームの方々(ディレクターさんやカメラさんなど)に名前をたくさん呼んでもらったこと。
初めてADとしての独り立ちだったので、あまり役に立っていませんでしたが、“テレビの仕事に携わっている感”を感じられて嬉しかったです。また、そのOAを見たときも、感動しました。
ロケから放送に至るまでの過程をしっかり見たからか、いつもテレビを見ているのとは少し違う気持ちになりました。
「私も早くディレクターになって自分のVTRをつくりたい!!」という思いが高まりました。
Q3.なぜ制作プロダクションを志望したんですか?
お笑いが好きで、バラエティー番組をつくってみたかったので。
事務職や公務員など、いわゆる“普通の仕事”は自分にはできないと思ったのも理由の一つです。
Q4.制作現場の仕事、外から見るのと実際にやってみるので違ったことは?
ものすごく細かいところまで気を遣っていて驚きました。
言葉の表現ひとつひとつや、映像の中のほんの一瞬について、何度も集まって会議をして、何が一番良いか真剣に考えているところを見て、プロってすごいんだなと思いました。
最初は、そんなところまで誰が見てるん?と思っていましたが、皆さんのこだわりによってより良いものになっていくのを目の当たりにして、早くこういう人たちに追いつかないと、日々焦っています。
Q5.学生時代に力を入れていたことは何ですか。
部活動です。中学、高校、大学とソフトテニスをしていました。
特に大学では、みんなサークルに入る中、部活を選んだので周りの友達より忙しかったような気がします。
同期の女の子がおらず4年間女子1人だったこと、レギュラーにも選ばれたことが無いのにキャプテンになったこと、キャプテンと掛け持ちで会計の役職もやったことなど…、大学の部活は一番しんどかったですが、今でもテニスは大好きです。簡単に投げ出さない精神が身につきました。
Q6.TV制作をやってみたい学生にメッセージをお願いします。
やってみたいと思ったことは何でもやれば良いと思います。
モニター横で合図を出す
モニター横で合図を出す
カウントを出す
カウントを出す
モニター引き
モニター引き
カンペ出し
カンペ出し

ABCリブラ

制作部門
ライブラリー部門
ABCリブラについて
採用情報
制作番組紹介