ABCリブラ

ABCリブラは、朝日放送の番組制作を手がける在阪の制作プロダクションです。

制作番組紹介

採用情報

先輩社員に聞きました! No.2

吉田一輝

吉田一輝

2020年4月入社

Q1.ABCリブラに入社して感じたことを教えて下さい。
意外に綺麗だと思いました。
テレビを作る現場ってもっと散らかっているイメージでしたが、編集室などかなりおしゃれでびっくりしました。
Q2.ABCリブラに入社して感動したことは?嬉しかったことは?
学生時代からテレビ見ていた芸人さんとお仕事ができたことです。
また、内定者研修でM-1グランプリ2019を現場で見学させていただいた時に、大会終了時の審査員さん方をお見送りした時は感動を超えて身震いしました。
Q3.なぜ制作プロダクションを志望したんですか?
一生自分の好きなことをして生きていける仕事だと思ったからです。
Q4.制作現場の仕事、外から見るのと実際にやってみるので違ったことは?
めちゃくちゃ自由に働けることです。
超フレキシブルな時間で働かせてもらっています。
Q5.学生時代に力を入れていたことは何ですか。
アルバイトばっかりしていました。
大学時代1年に1つずつ増えていて、4年生の時には4つ掛け持ちしていました。
その時に培った物事を途中で投げ出さない姿勢は今でも役に立っています。
内訳は塾講師、イベントスタッフ、居酒屋のホール、クレープ屋さんです。
Q6.TV制作をやってみたい学生にメッセージをお願いします。
やりがいもあるし、ワクワクするし、何より笑顔でできる仕事なので、絶対に後悔しないと思います。番組作りに携わりたいという気持ちと多少の体力さえあれば、絶対にどこかでTV制作は出来ると思うので、何があっても諦めずに夢に向かって突き進んでください!
Q7.コロナ禍で新人として感じることは何ですか。
逆に良かったことはありますか。
良かったことはまだ仕事に慣れていない入社したての頃に在宅が多く、働きやすかったことです。ですが、それによって仕事を覚えたり、仕事に慣れたりすることに時間がかかってしまって、今になってそれが重くのしかかってきているので、逆に良くなかったことでもあります。あと、新入社員歓迎会などの催し物がなかったので、それが仕方ないことではありますがさびしく感じます。これから入社するかもしれない皆さんの歓迎会の時ついでに祝われたいと思います。
リハーサルも立派なADのお仕事
リハーサルも立派なADのお仕事
『スタッフが美味しくいただきました』中も仕事の電話が離せない自分
『スタッフが美味しくいただきました』中も仕事の電話が離せない自分
人類最強の兵士になった自分
人類最強の兵士になった自分

ABCリブラ

制作部門
ライブラリー部門
ABCリブラについて
採用情報
制作番組紹介