ABCリブラ

ABCリブラは、朝日放送の番組制作を手がける在阪の制作プロダクションです。

制作番組紹介

制作部門

インタビュー

大濱雅子

ディレクター(D)

大濱雅子

2008年入社

担当番組
今ちゃんの「実は…」
Q1.「ディレクター」とは、どんなお仕事ですか?
役割分担などはあるのですか?
ネタ選び、リサーチ、台本作成、ロケ、編集…と、1から10まで全てに携わっています。もちろんそれぞれにそれ専門のスタッフもいますが、指示を出したり決定するのはディレクター。なんならロケに必要な小道具を作ることもあるので、いつも「なんでも屋です」と答えてます。
出演者の方がどれだけいいロケをしてくださっても、カメラマンがどれだけ素敵な映像を撮ってくださっても、最後に仕上げるのはディレクター。ディレクターの腕ひとつでそのVTRの出来はがらっと変わってしまいます。苦しい時こそ、「みんなの頑張りを無駄にしちゃいけない!」と最後まで気を引き締めてやってます。
Q2.バラエティづくりの醍醐味は?
とにかく予測不可能なところ!思わぬ展開になって大きな笑いが生まれたり、逆に「ここおもしろくなりそう」と思っていたところがスーッと流れてしまったり…。台本なんてあって無いようなもので、毎回ドキドキしながらロケしています。ただ予測不可能と言いつつ、いろんなシミュレーションが重要不可欠。例えば、よく担当しているミサイルマンの漁ロケなどは、ロケに行く前から「釣れる・釣れない」はもちろん、“こんな事が起きたら…”と何通りもの展開を想定し、その時の状況を見ながらロケを進めています。ただ、それでも想定以上のことが起きて頭真っ白になる事も多々…。
Q3.今後どんな番組を作っていきたいですか?
劇場に通い詰めていた高校時代、「なんでこんなおもろい人らがテレビに出てないの?世間の人に知られてないの!?」と疑問に思ったことが、この仕事を志したきっかけのひとつです。
お笑い・音楽・スポーツ・旅先の風景・グルメ…どんなジャンルでも「めっちゃええのに世間では全然知られていないもの」ってまだまだたくさんあると思います。
そういうものに光を当てる番組を作りたいなぁと、思い続けて早8年。ただ普通に紹介しても、興味が無い人は観てくれないということも学びました(苦笑)
「いかに興味を持ってもらえるか」…日々模索中です。
あと、番組作りとは離れますが…“全力で働き 全力で遊ぶ”ディレクターを目指しています。世間のイメージ通り(?)毎日忙しく、なかなか自分の時間が持てない仕事ですが、それでも仕事だけのディレクターにはなりたくない!
どんなに忙しくても、趣味は大事にしたいし、美味しい物も食べに行きたい!家族との時間も大切にしたい!仕事以外の時間をきちんと取る事でいろんな人と出会い、視野も広がるので、仕事・家庭・趣味…毎日貪欲に楽しんで過ごそうと心掛けています。

制作番組紹介

ABCリブラ

制作部門
ライブラリー部門
ABCリブラについて
採用情報
制作番組紹介